スキンケアをする男性

最近では男性もスキンケアをする時代のようです。具体的にはお風呂あがりに化粧水と乳液をつけたり、ボディーバターを塗ったりと女性顔負けの美肌男子が急増しているらしいのです。今回はそんな男子のスキンケアについて調べてみました。

タバコによる肌の炎症に対するスキンケア

タバコを吸うと、どうしても肌に炎症などのトラブルが生じてしまいます。ニコチンは活性酸素を生み出し、肌の細胞を傷つけてしまいます。そのため、傷痕にアクネ菌が発生し、ニキビ跡が赤くなって、炎症を起こしてしまうのです。美肌対策のためにもっとも有効な方法は、タバコをやめることです。きっぱりと禁煙して、1本も吸わなくなるのが、一番良いのは当然ですが、ニコチン中毒になっている場合、なかなか難しいのが現実です。ストレスがかからない範囲で少しずつ本数を減らしていって、最終的には3分の1くらいまで減らせれば、お肌の状態はだいぶ改善されます。
肌に直接働きかけるスキンケアとしては、肌の炎症に対して抗酸化力に優れ、シミの元になるメラニンを抑えてくれるビタミン成分の配合された化粧品を使うことが有効です。ビタミンAはパルミチン酸レチノールが入った美容液やクリーム、ビタミンBは、ナイアシンアミドが入った化粧水や美容液、ビタミンCではパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、リン酸アスコルビルMg、3-O-エチルアスコルビン酸などが配合された化粧水、ビタミンEはトコフェロールの入ったクリーム、ビタミンA+Eではレチノイン酸トコフェリルの入った美容液やクリームがアイテムとして最適です。
具体的にはリプロスキン、ベルプラン、薬用RGアクネ&スキンケアセットなどが高く評価されています。
化粧品だけでは効果が薄い場合は、ピーリングという方法もあります。ピーリングは角質を適度に剥がし、肌の新陳代謝を促すというもので、メラニンの排泄やコラーゲンへの働きかけが期待できます。こちらは毎日使う石鹸タイプでは肌の負担が重くなってしまうので、一週間に一度程度の頻度で洗い流す、ジェルやクリームタイプの方がベターです。